窮理在平生 臨事要明断
監督の声 キャプテンの声 選手募集 スタッフ募集 トレーナー募集 江川トレーナーのコンディショニング講座 コラム〜青畳の記憶〜諸先輩からの寄稿文 部員日誌
ADOBE FLASH-PLAYER
高校生向け練習会・ガイダンス開催!男子:9月1日(日)・女子:8月24日(土)-25日(日)是非ご参加下さい!

主将の声

2015春  2015年04月04日


2015年度、春がやってきました。
卒業生は旅立っていきました。
社会の荒波に負けず頑張ってください。
そして、練習に来てください。

新1年生もやってきました。
いきいきとしていて新鮮です。

それでは男子の近況報告をさせていただきます。
この春休み期間は厳しい鍛錬期になりました。
・体育系大会
・勝浦合宿
・鴨川トレーニング合宿
・警視庁出稽古 など

早朝ラントレとウエイトトレーニングにも励みました。
柔道とトレーニングを含めて毎日が2部練習、3部練習でありました。

現在の柔道部の最大の課題は「身体づくり」です。
合宿や出稽古でもワセダは体格が小さいと気づかされます。
体格を良くしなければいけません。
小さくても、大きい相手と戦える体力、スピードが不可欠です。

また、試合期になればなるほど連戦になります。
強度の高い練習に耐えられる怪我をしないタフな身体が必要です。

そういった意味で春休みの間に充実した練習、トレーニングをすることができたと思います。

たしかに、柔道の技術、戦術はまだまだ足りないところだらけです。
特に、ワセダには荒々しさというか破天荒さが足りません。
組み手争いでも、相手を突き押すような力強さがないです。
相手を痛めつけるようなものは良くないですが、結果的に痛いと思わせるような強引さが必要かもしれません。
普段の稽古から、お互いにバチバチ張り合えるようにしたいです。


練習、合宿を通じてチーム全体でやり遂げる達成感を味わいました。
5月東京学生からシーズンは始まります。
授業も始まり、なかなか全員が集まれなくなります。
しかし、心をひとつに目標達成に向けて努力すれば問題ありません!

頑張っていきましょう。