窮理在平生 臨事要明断
監督の声 キャプテンの声 選手募集 スタッフ募集 トレーナー募集 江川トレーナーのコンディショニング講座 コラム〜青畳の記憶〜諸先輩からの寄稿文 部員日誌
ADOBE FLASH-PLAYER
早稲田大学

主将の声

主将としての心得2  2010年06月07日

 もうすぐ、ワールドカップが始ります。
日本中、世界中がその話題で盛り上がっています。

日本代表メンバーも発表されました。

その中で、疑問に思ったことがありました。
日本のキャプテンに指名されたのが川口選手でした。

川口選手は、ほとんど試合にも出られない中でのキャプテン。
主力選手ではなく、川口選手である訳には理由があるはずです。

経験、まとめる力、人望の厚さ。
いろいろなことが考えられますが、果たしてキャプテンには何が必要で何を求められるのでしょうか?


私は、最近一冊の本を読みました。
「無形の力」野村克也
東北楽天イーグルスの前監督です。



リーダーには、「統率力」「指導力」の二つの力が必要である。人を教え、人を導き、人を一つの集団にまとめていかなければならない。
だが、これらの根本にあるのが信頼関係なのである。

という風に、言っていました。

これが、合っているのか間違っているのかは、わかりませんが一つの考え方であることには間違いないです。

そういう意味で勉強になりました。


本日、今月の全日本学生の組み合わせが決まりました。

残りの少ない日を無駄にすることなく、全員が一つになって臨みたいと思います。