窮理在平生 臨事要明断
監督の声 キャプテンの声 選手募集 スタッフ募集 トレーナー募集 江川トレーナーのコンディショニング講座 コラム〜青畳の記憶〜諸先輩からの寄稿文 部員日誌
ADOBE FLASH-PLAYER
高校生向け練習会・ガイダンス開催!男子:9月1日(日)・女子:8月24日(土)-25日(日)是非ご参加下さい!

部員日誌

「最後の部員日誌」  2020年01月16日

こんにちは。4年の松岡です。
ついに最後の部員日誌となりました。
最後の部員日誌、同期は何を書いているのかなと読んでみれば、これまでの思いの丈を書く人もいれば、いやそれ最後に書く?みたいな投稿もあって、皆それぞれ味が出ていて読んでいて楽しかったです。


さて、では最後の部員日誌、私は何の話をしようかなあと迷ったのですが、私の平凡な引退ライフについて話しても面白くないので、所属しているゼミについて少しだけ話したいと思います。
というのも、私の所属している中澤ゼミは部活動を研究しているゼミで、現3年生が早稲田大学の体育各部を授業の一環で調査します。そして今年は柔道部を調査しており、柔道部百年史などの資料を読み込んだり、練習の見学、部員にアンケートやインタビューを行いました。(協力してくれた方々ありがとうございました!)
そのインタビューの結果を見せてもらったところ、例えば変えた方が良い規則があるなどの意見はあったものの、(こういう意見を拾ってより良い部活にぜひ改善していきたいですね。)総じて部員全員(!!!)が早稲田大学柔道部を好きである、という結果でした。(詳細は紙ベースにして今後部に還元する予定なので、ぜひ読んでみてください!)
ゼミ生にすごくいい部活ですね、と褒めてもらって、これまで以上に部員のみんなのことが好きになりました。

思い返せばこの4年間、怪我で試合はおろか練習さえ出来ない状態ばかりで、すごく苦しくて毎日泣いていた時期が無きにしも非ず、という感じでした。ですがなんとか、本当になんとか最後までやりきることができたのは、なんといっても部員のみんなのおかげだと思っています。特に同期には本当に感謝しています。
そして女子主務として至らぬ点も多々あったかと思いますが、これまで応援して支えてくださった全ての方に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
来年以降も早稲田にはいるので、微力ながら柔道部の益々の発展に寄与できるよう精進してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。
それではこれにて失礼させていただきます。

Author:松岡 優子(4年)