窮理在平生 臨事要明断
監督の声 キャプテンの声 選手募集 スタッフ募集 トレーナー募集 江川トレーナーのコンディショニング講座 コラム〜青畳の記憶〜諸先輩からの寄稿文 部員日誌
ADOBE FLASH-PLAYER
高校生向け練習会・ガイダンス開催!男子:9月1日(日)・女子:8月24日(土)-25日(日)是非ご参加下さい!

監督の声

第71回 早慶戦を終えて  2019年11月20日

男子監督の西田です。

2019年11月16日(土)柔道の聖地講道館において早慶対抗柔道戦が開催されました。
男子では、佐藤竜主将体制で臨む総力戦となる戦いです。
早稲田は51年ぶりに全日本学生ベスト8、慶應は講道館杯に男子3名が出場するなど、高いレベルでの戦いとなりますが、理屈ではなく絶対に負けられない戦いです。

前日は講道館の通常練習終了後、20時から両校の主務を中心に設営を行い、最高の舞台を用意してくれました。
講道館の先生方にも大道場の畳を組み替えを許可頂いて、1面で試合することができる特別な試合です。

また、本年からは高校の部も復活したことは本当に感慨深いです。高校と大学で連携して競技強化、人間形成に取り組んでいきたいと思います。

第71回 早慶戦を終えて01

男子の試合は、序盤から慶應の執念・気迫に押されリードを許す展開。
早稲田がポイントを取りたい選手は押さえられ、逆に慶應が取りたいポイントは得点される苦しい展開となりました。
このような試合展開では誰かが勝負してヒーローが出ないと勝てないですが、そこを押さえる慶應側の巧みな戦いを見せつけられ、6年ぶりの敗退となりました。

第71回 早慶戦を終えて02

4年生を勝利で送りだすことが出きず申し訳ない気持ちでいっぱいです。
今回は敗退しましたが、4年生が1年間取り組んできたことが色あせることはないですし、51年ぶりに全日本学生団体優勝大会でベスト8にチームを押し上げたのは最上級生の力です。
本当に4年生はお疲れ様でした。
本格的な競技から離れても柔道は生涯スポーツですので、たまには道場に汗をかきにきて、後輩を鍛えてください。


男子は敗退したにも関わらず、早大道場で開催した懇親会には、OBOG・保護者の皆様、早実生とたくさんの方が激励に駆け付けて下さりました。
様々な方々の支えで運営できていることを痛感しました。感謝の気持ちを忘れずに今後とも精進して参ります。

応援ありがとうございました。