窮理在平生 臨事要明断
監督の声 キャプテンの声 選手募集 スタッフ募集 トレーナー募集 江川トレーナーのコンディショニング講座 コラム〜青畳の記憶〜諸先輩からの寄稿文 部員日誌
ADOBE FLASH-PLAYER
早稲田大学

江川トレーナーのコンディショニング講座

試合当日の栄養補給は回復能力に影響を与え  2012年02月27日

試合がひとつだけならあまりかんけいはないかもしれない。
でも勝ち進むならば話は違う。

筋肉を動かすためのエネルギーがちゃんと身体の中になければ、
身体はガス欠で動けなくなる。
エンジンもかかりにくくなる。

せっかく毎日の練習やトレーニングで体を作っても、
持っている力を発揮できなければ意味がない。

なんのために毎日練習してるかって試合で勝つためでしょ?
その試合当日の過ごし方が曖昧では結局勝てるはずのものも勝てない。

もちろん柔道の実力があっての話だけど。

試合当日の栄養補給は、一試合一試合毎に体力を最大まで回復させるため。
毎日の栄養管理は体に十分なエネルギーを溜め込むため。

ガソリンタンクが小さくてガソリンも少なければたいして走れない。
ガソリンタンクが大きくてガソリンもたくさんはいっていて、
なくなったガソリンを随時補給できれば、結構戦える。

作り上げた体の持っている能力を最大限活かすなら、
栄養補給とその管理は絶対です。

勝ち進む気がないならやらなくてもいいけど。
そのための情報と方法論は持っています。
あとは選手自身がやろうと思うか否か・・・。