窮理在平生 臨事要明断
監督の声 キャプテンの声 選手募集 スタッフ募集 トレーナー募集 江川トレーナーのコンディショニング講座 コラム〜青畳の記憶〜諸先輩からの寄稿文 部員日誌
ADOBE FLASH-PLAYER
2021年3月 女子部入部オンラインガイダンス・練習見学会 申込者募集中♪

監督の声

激励! 佐々木智哉  2011年04月24日

昨日、24日(土)は、月例稽古。
埼玉大学や法政大学の学生が出稽古に来てくれました。
また、多くのOBが参加してくれ活気のある練習でした。
それもそのはず、佐々木智哉くん(H20卒・青森県警)が全日本選手権の出場にあたっての調整練習で道場に来てくれたからです。

練習後は、「葉隠ちゃんぽん」で激励会。
世代を超えた多くのOBがかけつけ、佐々木くんを激励しました。

激励! 佐々木智哉01
紺碧の空を唱和する佐々木くん





それにして本日は、最高の天気。
日曜日にもかかわらず、震災後、寂しかった早稲田のキャンパスにも賑わいが戻ってきました。

激励! 佐々木智哉02
いつの間にか新緑に包まれたキャンパス




さて、道場をのぞいてみると、佐々木くんが学生を相手に練習をやっていました。
学生も貴重な休みにもかかわらず、村山主将、佐藤副将、赤迫、キアラシ、小林
おっと!
卒業した金子慶多までもが稽古台となって先輩を追い込んでいました。

激励! 佐々木智哉03


思えば、智哉が、青森北高校から入学した1年生当時は、息がすぐ切れて練習についていくのが精一杯でした。
しかし、東北人らしい粘り強さで、愚直にコツコツと練習積み着実に実力をつけました。
智哉は、決して傑出したセンスをもった選手ではありません。
本人なりに工夫をして足技や左右の技を身に付け柔道の幅を広げたことにより、才能を開花させました。

また、彼の基盤をつくったのは練習量とともに、誰にも負けない食欲。
おそらく日本一でした。
寮の食事ではマイ電子炊飯器を持参したことなど、伝説は尽きません。
『強くなる選手は、よく食べる』という都市伝説は嘘ではないでしょう。


今回が、三回目の全日本選手権。
東京のように練習環境が恵まれない中での、連続出場は、立派の一言です。


今回の出場は、智哉にとって東北代表という特別な意味をもつ大会。
きっと周囲の期待や関心は、いつもとは違うはず・・・
しかし、気負わず愚直に、東北人らしい、いつも通りの試合をしてほしいと思います。

頑張れ 智哉!

皆さん  29日は、日本武道館へ応援に行きましょう!


全日本柔道選手権 観戦記(その1)  2010年04月29日

全日本柔道選手権 観戦記(その2)  2010年04月29日